道路・鉄道の測量

明治維新後、鉄道の導入とともに各地で道路の整備が行われました。とくに北海道は未開の地が多く、開拓にはまず道路を開削することが先行しました。当時の測量の様子はわずかながら残っています。例として銭函・小樽間車道建設工事で開拓使御雇いの米国人土木技師クロフォード(Joseph U. Crowford 1842〜1924)が計画して、1879年(明治12)に施工されました。写真は北海道大学付属図書館所蔵のものです。

北海道月形・峰延間道路

地図:月形、美唄

北海道、石狩川西岸にあたる月形には1881年(明治14)から内務省所管の樺戸集治監(一時、樺戸監獄署と改称、のち北海道庁、司法省所管)といわれ政治犯の収容を主目的にしていた刑務所の前身となる施設が設置されていました。月形村(現月形町)の地名は樺戸集治監の初代典獄、月形潔(つきがた・きよし 1847〜1894、福岡藩士)に由来します。1882年(明治15)には、空知集治監が市来知村(いちきしりむら、現三笠市)に設置され樺戸集治監との間に道路を構築することによって、空知側の幌内炭鉱の鉄道を利用して短時間に月形から札幌に達することが望まれました。1886年(明治19)、月形から峰延(みねのぶ)間、13キロメートルの道路開削が着工され、樺戸集治監(峰延以東は空知集治監)の受刑者の過酷な労役によって建設され、1890年(明治23)には開通しました。樺戸集治監はその後の政情の安定や開拓民との違和感などから1919年(大正8)に廃止されます。[吉村昭:赤い人 筑摩書房 1977、151−163]

測量は夜間に行い月形の円山(標高86メートル)と峰延の達布山(たっぷやま、標高144メートル)での狼煙(のろし)を目標として一直線の道路予定ルートに測量竿が立てられました。泥炭地で地盤が軟弱であり、樹林のなかには沼地が多く測量には小舟も利用されました。道路は伐採した巨木を横に敷きならべ、その上に土盛り、砂利を敷く方法がとられました。測量は高津政衛が行い、工事監督は田沢権三郎が担当しました。高津、田沢とも生年、所属など不明ですが道庁職員と思われます。[月形町史編さん委員会:月形町史 月形町 1985 p612−613]

JR札沼線、石狩月形(現月形町)の北西方向に黄色の展望台がある小高い丘、円山が目につきます。駅から北西1キロメートル、徒歩20分にある円山の展望台傍には1983年(昭和58)に地元で設置された「峰延道路開鑿測量基準点」の記念碑があります。この位置から峰延方面へ道路がなだらかな起伏で一直線に延びているのが望めます。またJR函館本線、峰延(現美唄市)の南東3キロメートル、ぶどう畑の奥にある達布山(たっぷやま、現三笠市)には1911年(明治44)に設置された二等三角点「太峰山」(たっぷやま、点名は通称の字と異なる)6441−66−9701(新)とともに展望台があります。円山も達峰山も山頂まで車が通行可能です。現在、月形・峰延間道路は道道275号月形峰延線になっており樺戸道路ともいわれ北側は美唄市、南側は岩見沢市のほぼ境界線上にあります。道路を中心として広々とした畑に整備されており当時の道路開削がいかに困難であったかは、この地を見るだけでは想像できません。

鉄道史跡

地図:東京南部、横浜東部

明治維新後、急速に発展した鉄道建設は工部省の所管でした。1870年(明治3)新橋・横浜間で建設が着手、工部省鉄道寮お雇いの英国人エドモンド・モレル(Edmund Morell 1841〜1871)はじめ外国人の指導のもとにまず測量が行われ1872年(明治5)に品川・横浜間が開通しました。モレルは時間節約のため六郷川を境にして新橋側をダイアック(John Diack 生年不明〜1900 )、イングランド(John England 生年不明〜1877)を横浜側の責任者として両側から測量をさせました。当時の測量や地図縮尺でつかわれた単位は英国とおなじで哩(マイル)、鎖(チェーン)、碼(ヤード)、呎(フィート)、吋(インチ)でした。1873年(明治6)当時、工部省には173人のお雇い外国人がおり、うち鉄道寮には76人が従事していました。

その後、阪神、北海道方面など全国で鉄道が敷設されましたが1871年(明治4)に設置された工部省測量司は技術力が未熟なため測量は、お雇い外国人に依存したり、のちに発足した内務省地理寮にも依頼されました。従事した日本人の測量技術者は佐藤政養(さとう・まさよし 1821〜1877、出羽出身、鉄道助)、福田半(ふくだ・はん 1849〜1889)、小林一知(こばやし・かずとも 1835〜1906)、小野友五郎(おの・ともごろう 1817〜1898)などです。

JR新橋駅の南東200メートルに旧新橋停車場跡があります。1991年(平成3)汐留地区の再開発にともない停車場の遺構が発掘され国の史跡に指定されています。プラットホームや線路の一部とともに1870年(明治3)4月25日の測量第一杭が鉄道開通時の新橋側起点となり「0哩(ゼロマイル)標識」として復原され隣接して鉄道歴史展示室もあります。

横浜のJR桜木町駅から高架線路に沿って関内方面へ100メートルほどにある歩道橋と地下道の近傍に鉄道発祥記念碑があります。鉄道開業の頃のレールを柱にしたもので1967年(昭和42)に横浜市観光協会により設置されました。桜木町駅改札口前には「建築師長」モレル(Edmund Morel 1841〜1871)の肖像銅板があります。

横浜山手の外国人墓地には鉄道建設に尽力され日本で亡くなったお雇い外国人が葬られています。このうち「建築副役」であったダイアックは墓地入口にむかって左にあり外からでも見えます。ホートン(Henry Houghton 生年不明〜1878)、キングストン(Charles S. Kingston 生年不明〜1878)、モレル、イングランドの墓は入口にむかって右奥にあります。いずれも鉄道記念物または準鉄道記念物になっています。イングランドの墓地には1870年(明治3)モレルの下で新橋・横浜間の測量、翌年には大阪・神戸間の測量に従事と説明板にありました。[鐵道省:日本鐵道史 上篇 1921 p47][日本国有鉄道:日本国有鉄道百年史 通史 1974 p20]

島崎藤村の小説「夜明け前」にも明治初期の鉄道敷設について述べられています。モレルの後任であり日本の鉄道幹線として東海道よりも中山道(東山道)を推すボイル(Richard Vicars Boyle)やイングランドの後任、ホルサム(Edmund Gregory Holtham、1873年(明治6)鉄道建築技師として着任)のことが描かれています。

ボイルが測量隊を率いて二回にもわたり東山道を踏査し、早くも東京と京都の間をつなぐ鉄道幹線の基礎計画を立て、その測量に関する結果を政府に報告し...(中略)今度のホルサムが内地の旅は、大体に於いてこの先着の英国人が測量標杭を残したところであった。 [島崎藤村:夜明け前 第二部下巻第十三章一 岩波文庫 1969 p223−224(1932〜35の作品)]

これらの測量にもとづく報告をふまえ1883年(明治16)当時の政府は東京・京都間の鉄道幹線を中山道経由で建設することに決定しましたが1886年(明治19)、工期の短縮から東海道経由に変更しました。ただし、既存路線を活用して工費を低減するため名古屋・ 草津間は江戸時代の東海道ではなく美濃路と中山道に沿うルートとなりました。これが現在の東海道本線になります。全通は1889年(明治22)になりますが伊豆、箱根、伊吹山、逢坂山の難所では現在と路線が異なっていました。

測鎖 (京都鉄道博物館展示)

地図:京都東南部

京都市下京区梅小路にある鉄道博物館では明治初期に使用されたと思われる測鎖が展示されています。測鎖はマイルチェーンともよばれ線路の敷設や補修のため物差しとしてつかわれていました。この測鎖は全長20.1メートルで1チェーンに相当します。1マイルは80チェーンになります。

JR東京駅起点標

地図:東京首部

鉄道線路の起点から一定の距離ごとに設置される距離標があります。1キロメートル、500メートル、100メートル間隔のものがあり原則として下り列車の進行方向左側の線路敷きに設置されます。

JR東京駅東北新幹線22、23番線ホームと同上越新幹線20、21番線ホームにある起点標はいずれも同じデザインで「0Km POINT」の表示があります。写真上は上越新幹線の方です。1982年(昭和57)に東北新幹線は大宮・盛岡間で、上越新幹線は大宮・新潟間で開業しましたが1985年(昭和60)に上野まで、1991年(平成3)には東京まで延伸されました。

東海道新幹線の起点標は16、17番線と18、19番線ホーム8号車附近にあります。東海道新幹線は東京・新大阪間が1964年(昭和39)に完成しました。

東京駅にはこのほか各線ごとにホームから見える線路敷きに多数の起点標があります。東海道本線は7番線ホームから、中央本線は1番線ホームから見えます。

京阪電鉄の基準点

地図:京都東北部

京阪電鉄出町柳駅のプラットフォーム上にある基準点です。直径5センチメートルの金属標で「京阪基準点 H13−3」と刻字されています。100メートルほど離れた位置に「H13−2」というのもあり、ともに文字は北の方が上を向いており線路とは直角です。京阪電鉄は大阪天満橋の本社を原点とした独自の座標系で二百五十分の一の地図をつくっていますが出町柳駅のような要所には基準点が設置されています。方位を明らかにするため2個で一対になっています。

京阪電鉄の敷地境界標識

地図:京都東南部

この標石は京阪電鉄東福寺駅の伏見街道角に面した、たばこ店の北東角にあります。16センチメートル角の花こう岩で上面には几号に似た記号の刻印が見られます。伏見街道にはこれまで琵琶湖疏水関係と思われる几号高低標が見つかっており、これも水平面刻印の几号かと一瞬思いましたが几号の縦棒がありません。たばこ店に尋ねると昔、多分戦前からこの位置にあったらしく境界標で刻印は京阪電鉄の「K」を表しているとのことでした。なるほど直角に眺め直すと「K」に違いありません。

南海電鉄の基準点

地図:堺

南海電鉄堺東の1番ホーム、南階段近くでみました。「No.56 + 南海基準点」と刻字のある金属標です。どの電鉄会社もこのような基準点を独自で設置しているようです。


■Top of this Home Page
■Next Page