山の高さ

山の定義

「山」とはいったいなにかという山の定義が昔から試みられています。しかし今にいたるも山を正確に言い表す定義はなく漠然と「山」ということばが、つかわれています。これはわが国だけでなく諸外国でもおなじことです。

狭義に於ける山とは、谷と谷との間に挟まれた凸起部である。谷と山とは此の意味に於てコングルーエントの關係にある。地表より谷が刻まれた為めに山が残留する。即谷があって然る後に山が生ずる。 [辻村太郎:地形學 古今書院 1929 p70]

平地よりも高く隆起した地塊。谷と谷との間にはさまれた凸起部 [新村出編:広辞苑 三版 岩波書店 1983 p2415]

山とは、地表面が高く大きく盛り上がったものと考え、眺めた感じで一つの山の範囲を定める。山には一つの頂上に斜面が集まる単純なものあれば、複数の峰、複数の頂上を持ち全体の総称としての山名と部分的な峰や山頂部に別の山名を持つものもある。 [国土地理院:日本の山岳標高一覧 1003山 日本地図センター 1991 p125]

いろいろあり適当に解釈されているようです。また「山」以外にも「岳」、「嶽」、「森」、「峰」、「峯」、「嶺」などがつかわれていることもありますが、これらも定義はありません。「森」は東北地方や四国地方に多くあります。山と森を同じように用いていますが一般的に森は低い山のようです。

三角点と山の高さ

山に設置される三角点は必ずしもその山の最高点とはかぎりません。三角点と最高点の位置が大きくずれていると最高点の標高も測量され地図に表示されている場合もあります。このような場合は別として、これまでは三角点の標高を山の高さとしていることが多くありました。しかし登山などで有名な山の高さを正確に知りたい要望も多く国土地理院では1988年(昭和63)から立山の雄山、尾瀬の燧岳などから順に有名な山については正確な標高を表示しています。[大竹一彦:二万五千分の一地図 古今書院 1990 p36]

国土地理院の「日本の山岳標高一覧」には山によっては三角点とあわせて標高点、測定点の標高が併記されていますが標高点は地形図に標高値が記載されたもので「測定点」は当時の調査の中で地形図を見たところ山頂の等高線の形状から「図上の三角点や標高点以外にもう少し高いところがありそうだ」として立体視航空写真をもとにして地図を描く図化機で高さを計測した点です。実測した山もあるそうです。[国土地理院:日本の山岳標高一覧 1003山 日本地図センター 1991 p3]

山頂の標高値は三角点や実測した地点では10〜20センチメートル、図化機で計測した場合は3.3メートル、二万五千分の一地形図の等高線から読み取った場合は5メートル程度の精度です。

高い山 日本アルプスの山々

地図:仙丈ヶ岳、赤石岳ほか

富士山の測量については項をあらため説明しましたが富士山についで三角点のある山としてはに南アルプスにある北岳の三等三角点「白根岳」5338−41−0901の標高3192.4メートルが日本第2位となり、地形図がでた後、いままで北岳より高いと思われていた3190メートルの奥穂高岳の頂上に2メートルあまりのケルンを積んで北岳より高くしたという話があります。しかし奥穂高岳には三角点はなく独立標高点になっています。標高点はあくまで自然の地形の状況を示すものでケルンのような人工的に積み上げた頂上は認められません。なお北岳は2004年(平成16)の調査では最高地点は三角点から南南西24メートルの位置で3193.2メートルになっています。また2006年(平成18)には三角点標石の交換、低下改埋が行なわれました。[国土地理院:日本第二の高山「北岳」の標高を改訂 「国土地理院広報」2004.11 p5][国土地理院:北岳三角点を102年ぶりに一新 「国土地理院広報」2006.8 p2]

三角点のある山で日本第3位は間ノ岳の三等三角点「相ノ岳」5338−31−7801が3189.3メートル、第4位は槍ヶ岳の二等三角点「鎗ヶ岳」5437−45−0201で3179.5メートルです。槍ヶ岳の三角点は盤石まで露出してしまい測量成果は現在つかえません。ついで第5位は赤石岳で一等三角点「赤石岳」5338−11−4201が3120.1メートルになっていますが一等三角点の中では最高峰です。

ところで最近、国土地理院のGPS観測で日本アルプスのほぼ全域が年間最大5ミリメートルのペースで沈降していることがわかりました。日本アルプス一帯は地殻変動で東西から押されているため本来なら徐々に盛り上がるはずです。沈降は数年の短期間現象か地殻活動が変化をおこしているのか不明です。[日本経済新聞:日本アルプス謎の沈降 2003.7.22夕刊]

低い山 天保山

地図:大阪西南部

わが国で最低標高の山はといっても山の定義が明らかでありませんから正確には把握できません。しかし三角点の設置されている山では大阪の天保山が最低になっています。天保山は1831年(天保2)に、安治川や木津川など大阪の堀や川に土砂を大規模にさらえた時の土をこの場所に積み上げたことに始まります。これが船の目印となったので目印山さらに年号から天保山になっています。現在では標高4.5メートルで日本の最低山になっています。二等三角点「天保山」5135−73−8401は1911年(明治44)に設置されたのですが地形図上「天保山」の表示は二万五千分一では1994年(平成6)7月発行分から、また五万分一では1995年(平成7)3月発行分からなくなりました。

しかし当時、天保山山岳会の小西さん、橋本さんをはじめ地元の人たちの大変な熱意が行政当局を動かし1996年(平成8)7月発行の二万五千分一地形図から復活しています。(五万分一は未復活)地形図の改訂時期には国土地理院から関係市町村へ地名、境界などの確認をされますが、このときに市町村から申し出があり地図作成上の取り決めなどに合致していれば修正、追加される場合があります。

天保山が地形図に復活するまでは仙台市宮城野区蒲生(二万五千分一地形図「塩竃」)にある日和山というのが6.1メートルで最低でした。ただし日和山には三角点がありません。天保山も日和山もともに江戸時代人工的につくられた山です。このほか作為的に標高ゼロメートルとした人工の大潟富士というのが秋田県大潟村の中心にあります。自然に形成された山としては徳島市の弁天山6.1メートル、東かがわ市の御山3.6メートルは最低ランクです。これらも三角点はありません。

大分県中津市と日田市の境に一尺八寸山というのがあり名前のうえからでは低い山でしょうが二等三角点「三尾山」5031−00−2301があり標高は706.7メートルあります。「みおうやま」と読みますが難読日本一ですね。また奈良市には四等三角点「六寸山」5135−76−8801というのがあります。点名は「六寸山」ですが標高は226.0メートルです。さらに奈良県吉野大峰山系の四寸岩山(しすんいわやま)には二等三角点「心見ノ峠」5135−37−8301があり標高は1235.8メートルです。

低い山 蘇鉄山

地図:堺

堺市大浜公園の蘇鉄山は一等三角点「大浜公園」5135−63−9701があり一等三角点のある山では最低山です。標石そばにある説明によると元はこの位置から300メートル東南で天保年間に土木工事により人工的に築かれた御蔭山(おかげやま)に1885年(明治18)、一等三角点が設置されましたが、その後、御蔭山が削られ1939年(昭和14)に現位置に移設されました。ただし点の記では標石は1948年(昭和23)に埋設されています。

なお地元の皆さんの要望で2000年(平成12)4月発行の二万五千分一地形図から「蘇鉄山」の山名表示がされています。地元では蘇鉄山山岳会が中心になり登山認定証の発行、ガイドマップの作成、説明板の現地設置、山開きなどの行事があります。同会の会長は南海電鉄堺駅南口にある神明神社(電話:0722−38−6955)の宮司、北正史さんですから山開きの神事はお手のものです。そのほか会員にはバーの経営者や料理屋さんなどおられ、それぞれ「蘇鉄山」カクテルや「蘇鉄山弁当」もあります。

同会のメンバーのひとり高杉 晋さんが経営されるバー「クラシカル」(堺市栄橋1−4−8高杉ビル1階、電話:0722−33−8787)では高杉さんの創作カクテル「蘇鉄山」があります。テキーラをベースにしてメロンリキュール、レモンジュース、ブルーキュラソをミックスしたトロピカル風で蘇鉄の新芽の色を象徴しています。蘇鉄山の標高6.8メートルにちなみ1ドリンク680円です。このバーは南海堺駅南口前(東側)でビルの1階なのですが文字どおりクラシカルな店構えですぐにわかります。南海の線路をはさんで向かいには蘇鉄山山岳会の事務局である神明神社(宮司:北正史さん)があります。大浜公園で三角点を確認し神明神社で登頂証明を貰い「クラシカル」で祝杯、すぐ近くの和食「高間」(電話:0722−28−0039)で「蘇鉄山弁当」という楽しい三角点の探訪ができます。「蘇鉄山弁当」は、わたしはまだ試しておりません。

この三角点の標高は2010年(平成22)1月に改算され6.85メートルから6.96メートルになりました。登山認定やカクテルの値段はどうなるでしょうか。[朝日新聞:蘇鉄山11センチ高かった「朝日新聞」大阪市内版 2010.3.23朝刊 朝日新聞社 2010]

低い山 大潟富士

地図:五城目

JR奥羽本線、八郎潟から北西へ7キロメートル秋田県大潟村の干拓地の中心、御幸橋(みゆきばし)のたもとにあります。「大潟富士」の名称は地形図にも載っています。1992年(平成4)に秋田県測量設計業協会によって築かれた山で山頂には同協会が設置した標高ゼロメートルを表す金属プレートがあります。頂上からは見渡すかぎり干拓地の田園で北海道のような風景です。

三角点は山の下にあり三等三角点「みゆき橋」5940−70−8001で標高はマイナス3.8メートルになっています。もともと富士山の縮小モデルとなるよう土盛がされ周囲からの高さが富士山の標高3776メートルの1000分の1である3.8メートルになるようつくられました。

低い山 弁天山

地図:徳島

徳島市にある自然の山です。三角点はありません。しかし国土地理院二万五千分一地形図には「弁天山」と標高点6メートルが載っています。JR徳島から牟岐線で地蔵橋で下車、この間12分、駅の南西600メートルの地点にある小高い独立した山です。現地の説明板によれば、かつてこのあたり一帯は海であり海中の小島でしたが室町時代に海水が引き湿地帯になりその後、水田開発がすすみ現在の状態になったようです。昔は海であったことから厳島神社として弁財天が祀られています。神社の鳥居が登山口になっており岩の多い山頂には祠があります。弁天山保存会の登頂証明書は向かいのラーメン屋さんでいただけます。

低い山 御山 (みやま)

地図:三本松

JR高徳線の讃岐白鳥から北へ500メートルのところに白鳥神社があります。神社の裏(海側)の松林に御山(みやま)を表わす高さ1.5メートル程度の標石があり表は「御山 日本一低い山 三・六メートル」、裏は「平成十六年度就任白鳥神社総代会」と刻字があります。神主さんの話によれば、このあたりは古来「御山」とよばれ近傍の川の氾濫により浸水が多く2004年(平成16)頃、ポンプ場が設置されました。このときの測量をもとに最低標高点3.6メートルを御山山頂としたそうです。登山証明書は社務所でいただけます。

映画「ウエールズの山」

英国の映画ですが「ウエールズの山」というのがありました。もとの題はTHE ENGLISHMAN WHO WENT UP A HILL BUT CAME DOWN A MOUNTAIN(丘に登り山から降りた英国人)という長いものです。第一次大戦のさなか1917年の南ウエールズの小村であったできごとです。ある日、二人の測量師がやってきて村人が誇りとしているフュノンガルウ山(Ffynnon Garw)の標高を測量します。英国では1000フィート(305メートル)以上は「山」として地図に載せることになっていますが残念ながら実測では984フィート(299メートル)しかなかったことが村人に知らされます。そこで村では変わり者のパブの主人が発案し6メートル土盛りをすることになりました。82歳の教会の牧師さんを先頭にして学校の生徒まで村人全員で土を運び一方測量師を村に留まらせ再測量をさせるよう策略をこらしました。嵐で積み上げた土が流れたり牧師さんが過労で亡くなったりのアクシデントがありましたが。なんとか計画は成功し「山」として面目を保つことになりました。最後の字幕がでる直前のナレーションでは、この映画の撮影前にもう一度測量をしたら304メートルであり、また盛り土をしたそうです。クリストファー・マンガー1995年作ヒューグラント主演の名作です。[Christopher Monger:THE ENGLISHMAN WHO WENT UP A HILL BUT CAME DOWN A MOUNTAIN Compass Press 1996]

わたしはこの映画を見て牧師さんやパブの主人から一等三角点のある最低山、蘇鉄山を連想し地元の氏神さん「神明神社」宮司の北さん、バー「クラシカル」(蘇鉄山カクテル)の高杉さんを思いだしました。

この映画にでてくる1000フィートの制約がちょっと気になったので英国測量局に問い合わせたところ英国では2000フィート(610メートル)以上のものを「山」としています。またフノンガルウという山名または地名は同測量局の如何なる地図にも掲載されていません。

エベレストの標高

エベレストはチベット名でチョモランマ(Qomolangma、珠穆朗瑪峯、「世界の母神」の意)、ネパール名ではサガルマータ(Sagarmatha、サンスクリット語、「世界の頂上」の意)と呼ばれます。1852年インド測量局によって世界最高であることが判明しました。山名は1717年に中国(清)で作成された「皇輿全覧図」(康煕図)のチベットの部分に「朱母郎馬阿林」(チュモランマアリン)と記載がありましたが当時すでに引退していた初代インド測量局長のエベレスト(George Everest 1790〜1866)の名前を山名としています。その後、インドや中国が何度も正確な測量を試みました。たんに山頂が見えるベースキャンプから高度角の観測をするという単純なものではなく山頂の重力や山頂直下のジオイド面の想定もしなければなりません。1954年のインド測量局の測量成果でネパールでも公式の値とされている8848メートル(京都の比叡山よりもちょうど8000メートル高い)もセンチメートルの単位ではいろいろ測定結果が違ってきます。このことについては鈴木弘道さんの著作に詳しく載っています。[鈴木弘道:山の高さ 日本測量協会 1993 p171]

写真にある標識はレプリカで記念バッジですが実物はGPS受信機の基盤につかわれ直径30センチメートルあります。1998年3月に米国隊によって山頂の至近地点に設置されました。この位置は一部の人にはバリー・ビショップ岩といわれているそうです。1963年のエベレスト米国隊で活躍した地理学者、写真家であったビショプ(Barry C. Bishop 1932〜1994)の名前からつけられたものです。

2005年(平成17)、中国国家測量局の発表によるとエベレストの標高は8844メートルになりました。従来は山頂の氷雪の厚さの測定が正確でなかったことによるとみられています。[京都新聞 エベレスト3.7メートル低かった 2005.10.10ほか]

インドではベンガル湾などインド洋に面した7ヶ所の海岸の平均海水面をゼロメートルとし、また中国の水準原点は山東省の青島(チンタオ)の検潮所にあって、これをゼロメートルとしています。またエベレストをはじめヒマラヤの峰々はこれらの水準原点とはるかに離れています。このような原点の不一致により両国の測量結果に影響をおよぼすことがあり得ます。

インドの測量は18世紀半ばから英国が設立した東インド会社の測量部によってはじめられています。19世紀にはいるとインド北方からはロシア、清が領土取得を窺っておりヒマラヤを含むインド亜大陸全体の正確な地図作成が求められました。本格的な三角測量のために1818年、インド大三角測量部(The Great Trigonometrical Survey of India)が発足し初代の測量部長はランムプトン(William Lambton 1753〜1823)が就任しました。1823年、ランプトンの死去後インド測量局(初代局長 エベレスト、大三角測量部長兼任)の管轄下になり現地人の雇用、訓練、奥地の偵察など多大の困難を克服して大三角測量は1880年頃一応の完成をみました。東インド会社は1857年、インド人傭兵が反乱「セポイの反乱」の機に解散し英国の直接統治になりました。[薬師義美:大ヒマラヤ探検史 インド測量局とその密偵たち 白水社 2006 p56]



大三角測量の期間、インド測量局には卓越した数学の能力がある現地人ラダナート・シクダール(Radhanath Sikdar 1813〜1870 ベンガル出身)が主任計算士として雇用されていました。エベレストは1849年から翌年にかけ200キロメートル程度離れた7ヶ所の測点から経緯儀で測量されましたがこの計算処理中、当時P−15(Peak XV) という仮称で呼ばれていた山が世界最高峰のエベレストであることを発見しました。シクダールが1852年2月のある日この発見を測量局長ウォー(Andrew Scott Waugh 1810〜1878)の部屋に駆け込み息をはずませ「われ世界の最高峰を発見」と叫んだという逸話がありますが当時、シクダールはカルカッタにおり局長は1400キロメートル離れたデーラ・ドゥン(Dehra Dun)の事務所にいたことがわかっており根拠のない話です。またエベレストの高度は大気の屈折などの影響も考慮し1856年になってから公表されています。

インド測量局では英国人が鎖国中のネパールやチベットなど入域困難な地域には訓練をほどこした現地人をスパイのようにして送り込み測量をしていました。このような現地人はパンディット(Pundit または Pandit)といわれ測量局の裏方として活躍しました。パンディットとしてはナイン・シン(Nain Singh 1830〜1895)とその一族が有名でチベット方面の測量はでは欠くことのできない有能な測量師でした。ドイツのヒマラヤ探検家シュラーギントワイト兄弟(Schlagintweit、Hermann 1826〜1882、Adolf 1829〜1857、Robert 1833〜1885)とも行動をともにし信頼が厚かったようです。余談ですが長兄ヘルマン・シュラーギントワイトが自筆エベレストの絵にをガウリサンカルと題名をつけたため当時ヨーロッパではエベレストとガウリサンカルが混同されていました。

大三角測量は英国が主体で行われましたが2004年にはインド政府はこの大事業を記念する切手を発行しました。ラダナート・シクダールとナイン・シンが描かれています。シクダールとシンについては薬師義美さんの著作に詳しく述べられています。[薬師義美:大ヒマラヤ探検史 インド測量局とその密偵たち 白水社 2006 p105−107、p139−141、p177−181] [薬師義美:雲の中のチベット 小学館 1989 p118−128]

カンチェンジュンガ山系の測量(登山隊の測量事例)

1973年(昭和48)、カンチェンジュンガの西峰であるヤルン・カンへの京都大学学士山岳会の遠征(西堀栄三郎隊長)では登頂直前にカンチェンジュンガ山系の高度測量が行われました。このときの様子は地球物理学科出身でありヤルン・カン初登頂者の上田豊(あげた・ゆたか 1943〜)隊員による報告があります。当時、ヤルンカンの正確な高度は不明、カンチェンジュンガ主峰でさえ、いろいろな数値がありました。そこで種々の文献、地図の数値の平均値をとり主峰を8600メートルとして他の山頂や要所との比高を三角測量によって求めて登攀計画を確実なものにされました。一般の地図測量に比べると厳密さはかけますが登頂目的の遠征隊は多くの資源、時間の制約があり最良の方法であったと思われます。

まず標高5210メートルにあるベースキャンプの1キロメートル下流で各測量目標から約6キロメートルの位置にあるヤルン氷河の上にウイルドT2型経緯儀Aを据え、その70メートル前方に2メートルの水平標尺(サブテンスバー)Bを置き水平標尺の両端の角度を測ってA位置、B位置間の距離を間接的に求めAB間66.6メートルを得ました。ついでABを基線として氷河の右岸C地点、左岸D地点に基線増大点を求め三角測量によりほぼ平坦なCD間の距離908.0メートルを得て、これを増大基線としました。そしてC、Dから山頂などの目標Tを視準して水平角と仰角から高度を求めました。その結果はカンチェンジュンガ主峰を8600メートルと仮定してカンチェンジュンガ中央峰8478メートル、同南峰8491メートル、ヤルン・カン8505メートル、そのほか要所の高度が得られました。 [京都大学学士山岳会:ヤルン・カン 朝日新聞社 1975 p113−116]、[上田豊:残照のヤルン・カン 中公新書 1979 p93−98]、[鈴木弘道:新版 山の高さ 古今書院 2002 p20−21]

台湾玉山(ユイシャン)の標高

台湾の玉山(ユイシャン)は日本の台湾統治時代「新高山」とよばれ日本では最高峰でした、新高山は1897年(明治30)明治天皇の命名によるものです。それまでは台湾原住民(ツオウ族)にはパットンコアン(八通關)またはポログノラカソロと呼ばれ、また欧米ではモリソン(Morrison)山と呼ばれていました。台湾に近海航行中の英国商船アレキサンダー号の船員が海上から遠望し、その船長の名前をとり英国領事スウインホー(1857年着任)により命名されたといわれています。[安倍明義:臺灣地名研究 蕃語研究会 1938 p198]

玉山は1896年(明治29)に台湾総督府の斉藤音作、農科大学助教授の本多静六などにより初登頂されました。このとき気圧計により標高4145メートルを算出しています。[上條武:孤高の道しるべ 銀河書房 1983 p391]

その後、1910年(明治43)に台湾総督府による測量では標高3962メートル(一萬三千七十五尺)とされています.[日本山岳會:新高山測量完成 「山岳」5年1号 p296]

陸地測量部による新高山の三角点設置について当時の一等三角点の記によると選定は1912年(明治45)、標石埋定は1917年(大正6)、観測は1919年(大正8)で「高程」の欄には「海抜三千九百三十米突」とあります。しかし正確な標高の測量は1924年(大正13)嘉義付近の一等水準点から水準路線を延長し竹崎付近の丘陵、大埔山など数点の三角点の標高を直接水準測量により決定し以降、新高山までは三角測量により標高を観測しました。その標高は3950.00メートルの記録があり地形図にも掲載されました。当時は水準原点を基隆験潮場付属水準点として真高を2.3501メートルと決定しています。当時の点の記によれば三角点標石は中央から分割し運搬したようです。[陸地測量部:新高山の高さの測量 地学雑誌 440號 東京地学協会 1925 p596]

柱石ハ運搬至難ノ為メ中央ヨリ折断シ埋石ニ当リ中心ニ鉄棒(長サ六寸直径九分)ヲ嵌入シ「セメント」ヲ以テ結合シ周囲ニ△周囲ニ「コンクリート」ヲ施ス (△:文字不明)[陸地測量部:一等三角點ノ記 1919頃]

第二次大戦後、台湾内政部土地測量局によりGPS測量を含め何度か標高の測量が行なわれましたが現在は2003年の測量成果で3952メートルということになっています。

2006年(平成18)10月、玉山に登頂された船橋市在住(元台湾在住)の黒川亮さんから三角点標石の写真をいただきました。写真で見るかぎり陸地測量部が設置したままの標石のようです。荒削り部がすこし露出しており「玉山主峰」と赤ペイントで書かれています。

地心距離

世界で最も高い山はエベレスト(チョモランマ、サガルマータ、北緯27°59′)で標高は8,848メートルですが、それは海面からの高さであって地球の中心からの高さである地心距離となると6,382,270メートルにもなります。地心距離の最高点はアンデス山脈にあるエクアドルの火山、チンボラソ(南緯1°29′)で標高は6,310メートルですが、地心距離は6,384,458メートルありエベレストより2,000メートル以上高く、エクアドル国民は世界一高い山と誇りにしています。日本国内では富士山(北緯35°21′)は標高3,776メートル、地心距離は6,374,833メートルですが、地心距離で測ると富士山より高い山が小笠原や沖縄にあります。地球は楕円体で赤道が南北両極よりふくらんでいるので赤道に近い方が地心距離では高い山が多いようです。

地心距離=標高+海面の地心距離

山の高さを標高でなく地心距離で表すと、ふだんの生活から感じる高さと違ってきます。山ではありませんがたとえば米国のミシシッピ川では中流のほうが河口より地心距離が短くなり地心距離を採用すると川の水が低いところから高いところに向かって流れることになります。

プロミネンス

山の高さは「標高」で表しますが山の地表からの突出状態(きわだって高い状態)をプロミネンス(Topographic Prominence)で表すことがあります。意味は地形の突出物ですが、もともとは太陽の紅炎のことです。ある山「M」のプロミネンスは「Mを囲む等高線で、その内部にMより高い山を含まない等高線のうち、もっとも低い等高線とMとの高さの差」とされています。(The prominence of a peak is the height of the peak's summit above the lowest contour line encircling it and no higher summit.)いいかえれば「その山より、さらに高い山との間の最低鞍部からの高さ」になります。以上はWikipedia "Topographic Prominence"などのHP情報を参考にしました。

たとえば世界最高峰のエベレスト(標高8848メートル)から南6キロメートルにある世界第4位の高峰ローツェ(Lhotse、標高8516メートル)のプロミネンスはわずか610メートルになります。この値は両峰の中間にあるサウスコル(標高7906メートル)を最低鞍部としています。いくつもの峰が連なっており高低差が少ない連山では、もっとも高い峰以外は一般的にプロミネンスの値は驚くほど低くなることがあります。エベレストや富士山のようにその地域の最高峰である場合、プロミネンスは標高と一致します。プロミネンスは突出している地形(山)の高さを知るために用いることがありますが日本ではあまりつかわれていません。この用語の適切な日本語がなく、また地理学、測地学でもつかわれていないようです。

世界の山の標高順では1位エベレスト、2位K2、3位カンチェンジュンガ、4位ローツェですが、プロミネンス順では1位エベレスト、2位アコンカグァ(アルゼンチン)、3位マッキンレー(米アラスカ)、4位キリマンジャロ(タンザニア)になります。

山の格付け

測量とはまったく関係ない話です。日本では昔から人々は山を崇敬し「山高きが故に尊からず。神在すが故に尊し」といわれていおり天平時代や奈良時代に朝廷から山が位階勲等を受けています。[木暮理太郎:山の憶い出 下巻 平凡社 1999 p513(原本は「山の今昔」1936)]

浅間神(富士山)   正四位上、のち従三位
大物忌神(鳥海山) 従五位上勲五等、のち正五位下
雄山神(立山)    正五位下、のち正五位上
白山比盗_(白山) 正四位上、のち従三位

これらは数例で木暮理太郎は12山、挙げており( )内の山名は小泉武栄の著作「登山の誕生」によります。階位が進められたのは当時、天変地異があいつぎ山の怒りを鎮めるためともいわれています。中国でも元時代に泰山に「天斉大生仁聖帝」といった皇帝の位を与えたそうで日本の山の階位は中国の影響とする桑原武夫の説があります。[小泉武栄:登山の誕生 中公新書 2001 p85]、[桑原武夫:登山の文化史 平凡社ライブラリー 1997 p15(原本は「回想の山山」1944)]


■Top of this Home Page
■Next Page