三角点・測量いろいろ

「三角」と名前のつく地名やものは多く見受けます。熊本県の「三角町」(みすみちょう)はよく知られています。愛媛県川之江市にある四国六十五番札所の「三角寺」(さんかくじ)は弘法大師が三角の護摩壇を築いて修行されたといわれています。山口県柳井市白壁通りにある藤坂屋では「三角餅」(みかどもち)という三角形の餅菓子を売っており国木田独歩の著作「置土産」に載っています。しかし「三角点」という「三角」に「点」がつく地名などは希少価値があります。

三角点通り

地図:札幌東北部

札幌市東区に「三角点通」というのがあり北海道マラソンの経路になっています。札幌駅から東北方向に東苗穂という場所がありますが、この中心を東北から西南に延びている道路でモエレ沼公園の東側を経て北端は石狩川に達します。国土地理院の地図には通り名は載りませんが、それ以外の市販の地図にはちゃんと名前が載っています。「三角点通」とともに「三角新川橋」もあります。写真は東苗穂10条3丁目の通り西側のバス停付近です。

道路の名称となったと思われる三角点は石狩川に道路がぶつかる北端に標高4.3メートルのものが五万分一地形図「札幌」で確認できましたが、二万五千分一「札幌東北部」では、もはや無くなっています。亡失したのか不明です。かつてモエレ沼南端付近の行政境界にあった三角点を三角点通の起点としたという説もあります。

点名「三角」の三角点

地図:札幌東北部

札幌市東区東苗穂の「ひばり公園」というところにある三等三角点「三角」(さんかく)6441−53−2301です。「三角点通」もすぐ近くにあります。

熊本県宇土郡三角町の三角岳、標高405.8メートルには一等三角点「三角山」(みすみやま)4830−73−4701が九州自然歩道上にあり徒歩1時間で登れます。同町の三角(みすみ)中学校の校庭には四等三角点「赤岩」4830−73−3801があります。また埼玉県入間郡大井町亀久保の三角(さんかく)小学校の屋上には二等三角点「亀久保」5339−63−2801があります。

点名「三角町」の三角点

地図:西尾

愛知県碧南市にある四等三角点「三角町」(さんかくちょう)5237−20−5202です。市の東を流れる矢作川(やはぎがわ)の堤防で上塚橋南の河床にある駐車場の西にあります。

三角点記号の貨物船

地図:大島南部

伊豆大島の波浮(はぶ)港で地形図に見られる三角点記号、△に中点のマークがある船を見つけました。「第三八幡丸」(やはたまる)で総トン数197トンの内航貨物船です。伊豆諸島の活魚などを築地市場へ輸送したり、燃料の運搬にも使用されるそうです。よく見ると三角点には¬(カギ)がついています。船主、八幡丸漁業運輸の屋号印なのでしょう。

三角点の郵便消印

地図:札幌

札幌山の手郵便局の風景入り日付印です。札幌市西区山の手3条7丁目にあり地下鉄琴似(ことに)から南西1キロメートルの郵便局で押してもらえます。すぐ近くにある「三角山」(琴似山)、一等三角点標石と蝶のデザインです。この郵便局では7月23日の「ふみの日」に三角点山の記念登山証明書に押印サービスをされることがあります。標高311メートルの三角山の登り口はこの郵便局から山側へ10分のところで山頂まではさらに30分で登ることができます。

バス停「三角点」

地図:清田

これも札幌のことです。正しくは「三角点入口」という停留所です。北海道中央バスの「東87系統」の路線にあり豊平区有明にある一等三角点「月寒」(つきさっぷ)6441−33−5301の登り口でした。残念ながら1994年(平成6)10月の地下鉄東豊線開業にともなう路線再編の際に「白幡山競技場入口」(現在は「福87系統」にあり)という名称に変更されました。わたしも現地へ行ったわけではありませんが北海道中央バスに確認をしました。

日野市 三角点公園

地図:武蔵府中

多摩川の南、京王電鉄の百草園(もぐさえん)から西へ600メートルのところにある「三沢」の信号を左に(高台の方へ)曲がり2つ目の信号のところに日野市立三沢台小学校があります。この前の公園が「三角点公園」です。二万五千分一地形図では「武蔵府中」になります。

写真のような説明板も立っていますが、日野市役所緑清流課と国土地理院で調べたところ、この公園は1982年(昭和57)に開設されており近くに三等三角点「三沢」5339−33−8301があり初期の点の記によれば1902年(明治35)に東京府武蔵國南多摩郡七生村大字三沢、俗稱神明峰に設置され1966年(昭和41)に高幡不動の方向、北西600メートルの無線中継所内に移設されています。最初に設置された位置は現行の地形図で142メートルの標高点あたりです。1957年(昭和32)発行の地図「武蔵府中」では旧位置の三角点が標高149.3メートルとして表示されています。このあたりは七生村といわれ山地になっており現在のような住宅地は想像できません。

福島県矢吹町 三角点公園

地図:矢吹

もうひとつ三角点公園が福島県矢吹町牡丹平にあります。JR矢吹の北東2キロメートルのところで農場の南にある高台です。国土地理院の地形図には「三角点公園」の表示はありませんが町発行の地図には載っています。矢吹町役場都市建設課の話では矢吹町公園条例により1974年(昭和49)に「三角点公園」として開設された公園で、かつては小学校の遠足コースになっていたり住民の憩いの場になっていましたが近年、利用が減少し「三角点公園」の表示板も老朽化により撤去されたそうです。

この公園の真ん中には二等三角点「三神村」5540−67−5701があり、そのため三角点公園と呼ばれているようです。写真では中央に標示杭が小さく写っています。この地はもと宮内省の御猟場で「御猟場職員集合所」の石碑が立っており「岩代國」「磐城國」などと刻字のある宮内省の境界標石も残っています。

福島県矢吹町 三角点踏切

地図:矢吹

JR東北本線矢吹から北へ2つめの踏切が「三角点踏切」という名前になっています。矢吹町本町から東へ町役場の方へ向かう車道です。「東北本線 204K064M 三角点踏切 所在地 矢吹町大字矢吹字要蔵林」の表示板が東西にありました。近傍に「三角点公園」があるので、このように名付けたものと思われます。

三角点(山)

地図:谷川

兵庫県西脇市と黒田庄町の境界には「三角点(山)」があります。たんに「三角点」とか「三角点山」と呼ばれていますが両市町で確認したところ正式な名称ではなく黒田庄町での通称のようです。黒田庄町観光協会のパンフレットには「三角点」という名前がでており、また地元で出版されている書籍には「三角点山」と掲載されています。[播磨地名研究会編:播磨 山の地名を歩く 姫路文庫8 神戸新聞総合出版センター 2001 p90−91]

JR黒田庄の東1キロメートルにある稲荷神社から1時間あまりで登れます。この山の三角点は二等三角点「上比延」(かみひえ)5235−40−2101で標高は457.0メートルです。山頂には「三角点山頂 457m」と書かれた立札があり登山口の道標にも「三角点」の表示がありました。

南アルプス南部の七面山の南には「第2三角点」と呼ばれている山があるそうです。三等三角点「椹森」5338−02−1701のある山です。[樋口一郎:日本百渋山 葉月山の会 2004 p119]

沖縄県八重山郡竹富町西表島には三等三角点「三角点山」3623−36−7901があります。標高357.2メートルの山ですがジャングルの中のようです。通称の山名はありません。点名が「三角山」ともなれば40ヶ所を越えるようです。

三角点の歌

三角点がでてくる旧京都一中山岳部の歌「おいらは一中の山岳部」の一部分を紹介します。1942年(昭和17)ころの作品です。京都一中の山岳部は今西錦司、西堀栄三郎、桑原武夫、川喜多二郎、梅棹忠夫など有名な登山家を輩出しましたが京都北山を本拠とした三角点指向の山行がを伝統となっていました。

おいらは一中の山嶽部 ばた靴地下足袋つづれ服
行手は北山その彼方 おいらは一中の山嶽部

おいらは一中の山嶽部  黄楊(つげ)の猛ジャンやってから
人込み抜けるはわけもない おいらは一中の山嶽部

おいらは一中の山嶽部 鳴れ鳴れ不敵の胸の甲
千成三角点の馬標(うまじるし) おいらは一中の山嶽部

[京都一中山岳部史編纂委員会:行手は北山その彼方 北山の会 2003 p145−148]

歌詞にでてくる「猛ジャン」は猛烈なジャンジャン、ひどい藪漕ぎのことで、曲は米国民謡 Battle Hymn of the Republic です。京都一中は戦後の学制で鴨沂(おうき)高校と洛北高校になりましたが現在の洛北高校山岳部の歌も「一中」を「洛北」に替えただけでほぼ同じです。

「おいらは一中の山岳部」の曲、右クリックでダウンロードできます。

山岳部誌「三角點」

山岳会の会報などで「三角点」というのは、ほかにもありそうです。わたしの見つけたのは1941年(昭和16)に発行された京都府立京都第三中學校山岳部の部誌「三角點」です。活版印刷92ページ、写真入りの非売品です。丹波高原、比良、鈴鹿などの山行記録があります。京都三中山岳部は京都一中とならび京都北山を中心に活躍された伝統のある学校山岳部ですが戦後、学制の変更により山城高校山岳部に引継がれています。京都一中からはじまったといわれる「じゃんじゃん」(薮こぎ)という用語もこの部誌でつかわれています。

文芸書にある三角点など

山の紀行文に三角点や測標(やぐら)が登場する例は木暮理太郎(1873〜1944)、武田久吉(1883〜1972)などの著作に多数みられます。しかし一般の小説では滅多にお目にかかれません。気がついた例をすこし挙げます。

向ふの方の窓を見ると、野原はまるで幻燈のやうでした。百も千もの大小さまざまの三角標、その大きなものの上には赤い点点をうった測量旗も見え野原のはてはそれらがいちめん、たくさん集まってぽおっと青白い霧のやう.... [宮沢賢治:銀河鉄道の夜 日本幻想文学集成E 国書刊行会 1991 p233(1927頃の作品)]

宮沢賢治(1896〜1933)は岩手県花巻市の出身、農学校教師など農業指導に従事しつつ、童話や詩など数多くの作品を著しましたが「銀河鉄道の夜」は宮沢の没後、刊行されました。2016年(平成28)1月〜7月、愛知県半田市の「半田空の科学館」で「KAGAYAアートと星めぐりの旅−銀河鉄道の夜」と題した特別企画展がありました。「KAGAYA」はイラストレーターの加賀谷穣さん(かがや・ゆたか 1968〜)のことです。銀河鉄道の夜に著された三角標(三角測量の測標)がとても美しいデジタルアートで展示されていました。一等〜六等の星の等級に対応するよう6基の測標が星の野原にならべて描かれています。著作権がありますのでここでは掲載できません。

土木課の技手に来て貰い、測量は厳密にやらせた。それまでの遺跡の発掘の時、実測するのにトランシットのある測量機を使用したことはなかった。 [松本清張:断碑・装飾評伝 講談社 1972 p27]

いただきを均(なら)して石に埋(うづ)めたる三角標さへ霧に濡(ぬ)るるか [半田良平:歌集 幸木(さいわいのき) 沃野社 1948 p33(著者は1887〜1945、栃木県出身、赤石山系縦走吟 1937の作品、京都府立図書館蔵)]

「地図が好きなの?」と僕は訊いてみた。
「うん、大学を出たら国土地理院に入ってさ、ち、ち、地図作るんだ」
なるほど世の中にはいろんな希望があり人生の目的があるんだなと僕はあらためて感心した。
[村上春樹:ノルウェイの森 講談社 1987 p27]

「ノルウェイの森」は映画化されましたが、この場面にある学生の下宿先のセットとして国土地理院のNさんの学生時代の書籍などがつかわれました。

所有地とその附近が、かなり大きな縮尺で、特徴的にわかりやすく、ほそい線と色をつかって、表されている地形図、そして大尉が数回の三角測量によって、的確に基礎づけることのできた地形図は、まもなくできあがった。 [ゲーテ、実吉捷郎(さねよし・はやお)訳:親和力 岩波文庫 1956 p43]

このゲーテの作品については石原あえか「科学する詩人ゲーテ」に解説があり初期のドイツ(プロイセン)の測量についても記述されています。また石原さんは「三角測量試論 西欧および日本の近代測量史への文学的アプローチ」の論文のなかで子午線測量をめぐる現代小説などをとりあげ18、19世紀に見られたような文学と科学(史)の相互影響関係が近年再び認められたと述べています。[石原あえか:科学する詩人ゲーテ 慶應義塾大学出版会 2010 p176−179]、[石原あえか:三角測量試論 西欧および日本の近代測量史への文学的アプローチ 慶應義塾大学商学部創立五十周年記念日吉論文集 同編集委員会 2007 p29−40]

俳句は雑誌「岳人」(東京新聞出版局)の「岳人俳壇」に三角点に関したものがよく載ります。

聖書にあらわれる境界標石

境界標石は聖書にもあらわれます。旧約聖書 箴言(しんげん)23章10節につぎのとおり載っています。

Do not move an ancient boundary stone set up by your ancestors. [Proverbs 22:28 in English translations]
あなたの先祖が立てた昔からの地境を移してはならない [旧約聖書 箴言 22:28]

"boundary stone"は境界標石ですが「地境」と訳されています。土地の境界には石が置かれただけの場合が多かったのですが、それをこっそり動かして自分の土地を広げてはならないと教えています。祖先が建立した境界標石は「主」(神)が割り当てた土地の境界を示します。主の約束がそのとおりであることを示しており境界標石を動かすことは他人のものを、だまし取り、また主のものに手を触れることにもなります。

日本の刑法ではつぎのように定められています。

(境界損壊)第二百六十二条の二 境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

三角点の絵はがき

古い山の絵はがきは古本屋などでよく売っていますが、山頂でそれも三角点標石まで写ったものは、なかなか見つけることが困難です。

筑波山の絵はがきは埼玉のTさんに提供いただきました。「昭和8年」のスタンプが押してあります。標石以外にその周囲に観測櫓の残骸が写っています。

もう一枚の槍ヶ岳の絵はがきは、わたしが京都の古本屋で見つけたものですが8枚セットで標題は「中部山岳國立公園 槍ヶ岳」、裏面の「郵便はがき」は右書きになっており、セット中の絵はがきに「肩山荘」のスタンプがあります。槍岳山荘の名称になったのは1954年(昭和29)のようですから、それ以前に発売されたものと思われます。

地名「測点」

地図:二川

明治初期、中期に設置された三角点は「測点」と呼ばれていました。その名残か、豊橋市内には地名として「測点」があります。豊橋市中心から南東へ5キロメートルのところにあたり、JR豊橋から豊鉄バス細谷東行きに乗ると15分程度で「測点」という停留所があります。住所表示は豊橋市曙町字測点になり地名として正式に定着しています。小松原街道をはさみ住宅地や商店が立ち並び車の通行も多いところです。

このあたりは、かつて陸軍の演習場があったところで第十五師団司令部、大正十三年測図の五千分一「高師原」の地図(豊橋市図書館蔵)によると「測點高地」31.8メートルの記載がありました。陸軍の設置した測点と思われますが現在はなにも残っていません。のちほど地元におられた方から、この測点は「弾着観測点」であるとのお知らせをいただきました。そうすると三角点の「測点」とは意味が異なってきます。

三角点のバッジ

三角点、水準点、電子基準点などの地図記号でデザインされた缶バッジが売られています。写真左は笹地、水準点、三角点、果樹園の記号が、また写真右は坑口、三角点、電子基準点、その他の旅客船、ハイマツ地の記号が組み合わされデザインされています。直径は3センチメートルです。お問い合わせは日本地図センターまで。

三角点標石の付箋

三角点標石の形をした付箋があります。標石の地上部分相当を書類からはみ出すように貼ると実際に設置された三角点の埋設状態になります。一等から四等まで4色になっており各等20枚で1パックになっていますが、白地に灰色文字の一等だけのパックもあります。台紙には標石の寸法や三角点の説明が記されています。お問い合わせは内外地図まで。

バー「△点」 (さんかくてん)

地図:札幌

札幌すすきの南5条西5丁目、ビル6階にあるバー「△点」(さんかくてん)です。バーといっても果実酢や果実酒が売りものでした。残念ながら、このバーは2016年(平成15)春に閉店されました。

バー「三角点」

地図:大阪東北部

残念ながら、このバーは2004年(平成16)5月末に閉店されました。

大阪梅田近くにあるバー「三角点」です。大阪駅前の曽根崎で「三角点」というショットバーを偶然見つけました。お初天神という有名な神社の近くで飲食店が密集しているところのビルの2階です。御堂筋からは曽根崎中州通りを東へ入れば5分で行けます。マスターは横浜出身の脱サラで1998年(平成10)8月から始めたそうです。大学では人文地理が専攻だったそうですが山岳部にいて三角点のように頂点になるつもりで店の名前をつけたということです。ベンチマークというバーボンや英国の最高山ベンネヴィスの名前がついたスコッチなど山にちなんだ酒もありビールまで英国のBassでラベルには赤い三角が付いています。勘定も世間並みで感じの良いバーでした。ただし本もののバーですから酒だけで食べ物はほとんどありません。

名称  :ショットバー「三角点」
マスター:遠藤 直好さん
所在地 :大阪市北区曽根崎二丁目14−4
緯度  : 34°42′02″
経度  :135°30′05″ 
標高  :5.7メートル
電話  :06−6316−6564

わたしの旧式ハンディーGPSマゼラン2000を持って行って007宜しく測量をしたのですが、なにしろ、このあたりは建て込んでおり衛星の捕捉が十分にできずあきらめました。上記の位置は二万五千分一「大阪東北部」の地図から計算により求めたものです。(世界測地系に換算済み)標高は近くにある南扇町の一等水準点238号の値2.2メートルに建物2階のカウンターの高さを加えたおおよその推測値です。

スナック「三角点」

地図:大阪東北部

曽根崎のバー「三角点」発見に気をよくして、「三角点」の名称の飲み屋さんなら、ほかにもあるのではないかと思い暇をみてNTTの番号検索エンゼルラインで北海道から沖縄まで片っ端から調べました。1999年(平成11)12月時点(2001年2月でも同じ)では「サンカクテン」と名前がつくのは全国で3件だけで、そのうち1件は曽根崎のバー「三角点」もう1件は三角点ではなく「三角店」という鹿児島の雑貨屋さんで、これは除外。残る1件はなんと大阪にありスナック「三角点」でした。しかもバーと同じ二万五千分一地形図「大阪東北部」の範囲です。このスナック「三角点」とバー「三角点」は何の関係もなく、わたしが云うまでお互いに知らなかったようです。

京阪の京橋駅片町口、南出口の道を隔てた向かいのビルの6階です。ママさんの話では学校卒業後、職場の山岳部にいたり、涸沢ヒュッテで働いたこともあり山との係わり合いは少なからずあったのですが1997年(平成9)11月19日に現在の地に開業しました。三角点という店名は山頂にある三角点のように、お客さまが方々から集まり和やかな雰囲気を醸し出していただきたいという願望で名付けられたそうです。スナックですから酒の種類は少ないのですが、あまり飾らず気軽に入れる店です。勘定もリーゾナブルです。

名称  :スナック「三角点」
ママさん:岸 松代さん
所在地 :大阪市都島区片町二丁目5−4
     千寿プラザビル6階
緯度  : 34°41′50″
経度  :135°31′56″ 
標高  :14.9メートル
電話  :06−6357−6001

上記の位置は、やはり、わたしのGPSでは衛星の捕捉が十分にできないと思い二万五千分一「大阪東北部」の地図から計算によったものです。(世界測地系に換算済み)標高は近くにある一等水準点交232号の値1.4メートルに建物6階のカウンターの高さを加えたおおよその値です。

バー「ベンチマーク」

地図:静岡東部

バー「三角点」があるなら、バー「水準点」があっても、とおもい探しましたが「ベンチマーク」がありました。ベンチマークは、なにかの性能を比較するときの基準という意味でつかわれていますが、もともと水準点のことです。JR静岡北口前の国道1号をわたり西方向600メートルにある常盤公園の南角ちかくにあり駅から徒歩15分程度です。2003年(平成15)5月に開業しました。飲めるだけでなく料理もいろいろできます。ウイスキーは当然のことですがバーボンの「ベンチマーク」が置いてあります。

名称  :バー「ベンチマーク」
マスター:大瀬 剛(おおせ つよし)さん
所在地 :静岡市常磐町3−3−15
     常盤ビル1階
緯度  : 34°58′09″
経度  :138°22′52″ 
標高  :20.645メートル
電話  :054−253−5229

経緯度は二万五千分一「静岡東部」の地図から計算によったものです。(世界測地系に換算済み)標高は近くにある一等水準点128号の値にカウンターの高さを加えたおおよその値です。もっともらしい細かい数値はシングルショットグラスにウイスキーを注いだ液面高さ45ミリメートルを加算したからです。

ラーメン店「六分儀」

地図:福岡南部

六分儀は航海に使用される測量機器です。この六分儀を店名にしたラーメン店が福岡大学の近傍にあります。地下鉄七隈線の福大前下車、東南へ400メートルのところ、大型書店の黄色いビルの向かいでバス停「西片江一丁目」の前になります。店主が天体に興味があり星座の六分儀座から名前をとられたそうです。店内には星座盤のイラストもあります。

名称  :「六分儀ラーメン」
所在地 :福岡市城南区西片江1−1−55
電話  :092−874−6032

喫茶店「六分儀」

地図:盛岡

六分儀を店名にした喫茶店が盛岡にあります。岩手県庁の東を流れる北上川の支流、中津川に架かる中ノ橋の東二筋目を北に入った西側です。店主、下川さんのお話によると1968年(昭和43)開業、六分儀の形に魅せられて名づけられたとのこと。店内の柱には本物の六分儀が飾ってありました。コーヒーの専門店で自家焙煎のとても美味しいコーヒーが飲めます。店内はヘリンボーン形(連続山形)の床に電灯照明、クラシカルな感じです。

名称  :「六分儀」 看板は「可否 六分儀」
所在地 :盛岡市中ノ橋通一丁目4−15
電話  :019−651−1987

測量山と喫茶店「測量山」

地図:室蘭

測量山はJR室蘭から約2キロメートル西にある標高199.4メートルの小高い丘で現在はテレビや無線通信の基地が多数林立しています。山頂の説明板によると1872年(明治5)、開拓使お雇い米国人ワーフィールド(A.G.Warfield 生没年不明)が札幌・室蘭間の「札幌本道」の建設にあたり、この山に登り見当をつけたことから「見当山」とよばれ、後に「測量山」となったようです。1900年(明治33)には陸地測量部により一等三角点「室蘭山」(モルランヤマ)が設置されました。

喫茶測量山は測量山への観光道路を僅かはずれ、室蘭市街を見下ろせる坂道にあります。テラスのある美しい外観と明るい店内で美味しいコーヒーが飲めます。店主、内山さんのお話では2002年(平成14)に開業とのことでした。

名称  :「喫茶 測量山」(そくりょうざん)
所在地 :室蘭市沢町19−15
電話  :0143−24−5764

喫茶店「明日の地図」

地図:鹿児島北部

地図という名前のついた飲食店は、なかなか見当たりませんが、ようやく鹿児島で一軒みつけました。鹿児島市の中心街、天文館通りに面しており天文館公園の東にあたります。喫茶店ですが夜はお酒も飲め、ときどきジャズのライブもあります。店名は歌の「明日の地図」からで、その歌詞の一部は「まだ描きかけの明日の地図を あの人にあげればよかった・・・」とあります。

名称  :「明日の地図」
所在地 :鹿児島市千日町9−17
電話  :099−227−0080

三角点の透かし

あまり気づかないことですが国土地理院の地形図の上端と下端に2箇所ずつ三角点のマークが透かし(抄き入れ)として入っています。お札みたいですね。規格では一辺15ミリメートル、線幅約0.5ミリメートルの正三角形の中心に径1.5ミリメートルの点になっており1955年から採用されました。

地図の用紙は伸縮の少ないもの、とくに縦横の伸縮が同じとなる(不等伸縮が少ないもの)が求められます。地図から正確な位置や距離を測定するためです。明治初期の地図用紙は紙幣用紙を製造していた大蔵省印刷局抄紙部でつくられ、その原料も紙幣と同じミツマタ100パーセントの手漉き和紙でした。紙幣にはミツマタの茎の中ほどの良質な部分をつかい地図には根に近い部分や細枝をつかい安価にしたそうです。その後コウゾを主原料としたり、ミツマタに木材を混合した用紙などが採用され戦後は針葉樹の、さらしパルプを、また現在は硫酸塩などの薬品や熱を使ってリグニンを溶かして繊維だけを取り出した化学パルプをつかい民間の製紙会社でつくられています。[前野政克:三角点マークの地図用紙 「地図ニュース」212 日本地図センター 1990.5 p11−13]

国土地理院が使用している地図用紙には四六判、菊判、四六判裁判、柾判などがありますが、最も多いのは一万分一、二万五千分一、五万分一地形図につかわれている柾判で大きさは460×580ミリメートル、厚さ0.095ミリメートル、坪量(1平方メートル当たりの重量)80グラムです。

三角点の英語表現

国土地理院測地部に問い合わせたところ「三角点」(三角点がもつ座標値を含む)は慣例的にtriangulation pointの表記がつかわれています。三角点も含む「基準点」はcontrol point といいますが一般にはsurvey markerのほうが通用するようです。

    (例)一等三角点---- first order triangulation point
       二等三角点---- second order triangulation point

国土地理院の旧組織である陸地測量部の昭和初期の資料では trigonometrical point に、米国の地学協会 American Geological Institute の用語集では triangulation station または trigonometric point(略して trig point)になっています。米国の三角点の標識には Geological Survey Bench Mark の刻字が入っているのもありますが、これは標高をあらわす水準点としても共用しているのでしょう。英国の測量局 Ordnance Survey の資料では triangulation station です。また、わたしの手元にあるタンザニア政府1965年発行のキリマンジャロの地図(英国が測量)にはtrigonometrical station の表示がありました。ちなみに、フランス語では point trigonometrique (はじめのeアクサンテギュがつきます。)ドイツ語では Trigonometrischer Punkt です。 各国、いろいろ言い方はあるようでが、日本でも明治初期には「三角点」の替りに「測点」がつかわれていました。

測量標石の保管状態

地図:上郷、大阪東北部

国土地理院の本院や地方測量部では基準点の新設や取替えのために適量の標石が保管されています。また撤去品も再利用や現地で間違って使用されないように持ち帰り保管されています。いちどにこれだけの標石が見られるところは、このような場所しかありません。

本院の方では新品の磁気点標石や支障撤去された明治初期の内務省時代の標石も保管されています。撤去品については台帳はなく、いつ、どこにあったかも不明なものが多いようです。

京都北山の今西錦司「三角点」

地図:大原

加茂川の源流、中津川直谷の奥に今西錦司(1902〜1992、文化人類学者、登山家)のレリーフと近くに模造の一等三角点があります。この三角点は今西さんが還暦祝いに山の仲間から贈られたもので京都市内の今西邸にありましたが近年この地に移されました。寸法は一辺18センチメートルですが上面の+印が本物より太いようです。[京都一中山岳部史編纂委員会:行手は北山その彼方 北山の会 2003 p163]

福岡市カクマル本社前「三角点」

地図:福岡西南部

測量杭、標識など測量用材の製造業カクマル本社は福岡市城南区別府にありますが別府橋通りに面した建屋前に模造の一等三角点が設置されています。測量のシンボルとして三角点が用いられている事例です。同社の一階受付前は測量標識や機器などの展示場になっています。

京都大学土木工学教室 卒業記念碑

地図:京都東北部

京都市左京区の京都大学本部構内の土木工学教室は赤レンガ造で美しい建屋ですがその正面東の植え込みに三角点を模した1923年(大正十二)卒業記念碑があります。21角、地上高22センチメートルで正規の三角点標石よりもかなり大きいですが上面に+印もあり、三角点にそっくりです。西、南面に「大正十二年」「卒業記念」の刻字と東面に四角の窪みがあり、なにか彫られているようですが不明です。


■Top of this Home Page
■Next Page