測量・測地を題材にした切手と貨幣

日本水準原点      伊能忠敬

このホームページの位置づけ:
日本の測量史 >ライブラリー 測量・測地を題材にした切手と貨幣

測量・測地を題材にした切手

測量・測地の切手は本文中に説明を補うために使用しました。ここでは本文中にない切手も含め、わたしが実物を所有する測量・測地の切手を国別(英字表記アルファベット順)、発行年次順に掲載しました。探検、地図、天文、地質を図案にした切手は数多く発行されていますが、できるだけ測量に関係深いものを選択し掲載します。とくに地図切手は古来、あまりにも多く発行され、多岐にわたっています。たとえば世界地図がはいった国際連合のマークなども地図切手として含めれば際限がなく、また地図切手に特化した収集家もおられますので、ここでは地図切手を「原則」除外しました。切手に描かれたテーマとしてはつぎのようなものがあります。ほとんどが第二次大戦後に発行されており骨董品的価値はありません。

郵便切手の複製(模造)は法令で禁止されていますので、印刷配布などご注意ください。画像の拡大、縮小サイズは統一してません。切手画像下の説明は画像の左から右の順に行をかえ記述しています。

・測量の状況、現場
・陸地測量機器 経緯儀、水準儀、平板 
・航海測量機器 六分儀、八分儀
・測地観測機器
・天文測量機器 子午儀
・三角点、水準点、測標
・人物 探検、測量関係、測地学者、地図製作者
・南極関係は測量・測地に限定、ただし日本はすべて
・地理学会、協会、Geographicalの表記がある学会など
・土地登記制度
・メートル法
・地図投影法の実例、説明に(地図投影例)と注記

切手掲載目次


測量・測地を題材にした貨幣

わたしが所有している測量・測地の紙幣はつぎのとおりです。詳しい画像は当該国中央銀行のHPで見ることができます。これらの紙幣は現在つかわれていませんが、そのまま複製(模造)することは法令で禁止されています。

ブラジル紙幣に描かれた経緯儀

1986年までにブラジル中央銀行(Banco Central do Brasil)で発行された1000クルゼイロ(Cruzeiros)紙幣は薄茶色、灰色、薄青色を基調とした美しいお札です。表、裏面とも中央から上下対称の図柄になっており、表面には元外務大臣で国境画定に功績のあったリオ・ブランコ(Barao do Rio Branco 1845〜1912、本名Jose Maria da Silva Paranhos, Jr、政治家、地理学者)の肖像が描かれ、裏面には経緯儀と地形図が描かれています。左右の楕円形の空白はリオ・ブランコの肖像の透かしになっています。大きさは154×73ミリメートルです。通貨の単位クルゼイロは1994年のデノミネーションによりレアル(Real)に移行しています。

ドイツ紙幣に描かれた三角測量

1991年にドイツ連邦銀行(Deutsche Bundesbank)で発行された10マルク紙幣は、表面は青紫を基調としたガウス(Carl Friedrich Gauss 1777〜1855、数学者、天文学者、測地学者、物理学者)の肖像と正規分布(ガウス分布)曲線が、また裏面はガウスが使用したものと同類の六分儀と三角網図が描かれており格調のある美しいお札です。大きさは130×65ミリメートルです。マルクは現在ではユーロに替わっています。

硬貨にも測量関係を図案としたものがあります。わたしは実物をもっていませんが、つぎのような硬貨があるようです。


英領 バージン諸島 1985年 20ドル  アストロラーベ
英領 バージン諸島 1985年 20ドル  六分儀
エジプト      1998年 1ポンド  測量局発足100周年記念
ポルトガル     2003年 10ユーロ 四分儀
リトアニア     2015年 20ユーロ ストルーヴェ測地弧



■「日本の測量史」総目次
■Next Page