史跡と標石で辿る

日 本 の 測 量 史

旧題:三角点の探訪

燕岳の二等三角点 2762.9メートル


このホームページでは地図をつくるための測量の歴史を、わたしが見聞した測量標石などの遺跡や地図とともに解説します。標題「史跡と標石で辿る日本の測量史」の「史跡」は指定文化財の枠を超え測量の歴史上、ゆかりのある場所や施設などの遺跡全般の意味で使用しています。

上西 勝也


検索
Google
ほかのHPも検索 このサイト内を検索


お知らせ クリックしてください

目次 ( )内は主なキーワードなど

  1. はじめに
  2. 日本の測量史あらまし
  3. 古代から江戸時代までの測量
  4. 明治前期の測量
  5. 明治後期から第二次大戦までの測量
  6. 第二次大戦後の測量
  7. 土木測量
  8. 森林測量
  9. 鉱山測量 (鉱山監督部三角点)
  10. 地方の測量 (耕地整理)
  11. 海洋測量(水路測量)
  12. 測地観測 (経緯度、地磁気、重力、大陸移動)
  13. 測量機器
  14. 雑録
  15. 解説
  16. 日本の測量史年表
  17. 参考文献
  18. ほかのホームページへのリンク集
  19. あとがき
ライブラリー
  1. 探訪した基準点
  2. 各地の几号水準点
  3. そのほか測量関係標識 (境界標識)
  4. 測量・測地の切手と紙幣

ご注意

このホームページは、ことわり書きがあるものを除きすべてわたしが作成、撮影したものです。リンク、転載はご連絡をお願いします。また著作権法第32条(引用)と第48条(出所の明示)にもとづき本文中には公開された著作物の引用があります。原文をそのまま引用したものは太字で表示し出典を明らかにしています。引用と参考にした文献の書誌要素は[ ]のなかに記載しました。歴史小説は歴史的事実と異なる場合があり、注意を要します。

国土地理院の基準点を特定する場合は△等三角点(△は一、二など)「点名」基準点コードの順で表記しています。基準点コードは2011年(平成23)4月から一部変更になっていますがこのホームページではコードの末尾に(新)の文字を付加したもののみ新コードです。

このホームページに記載した史跡や標石などの所在地はことわり書きがあるものを除き探訪当時のものです。行政上、変更されても旧所在地のままです。


Access Record: since January 20, 2000
Last Update: August 13, 2016

This site is best viewed with Internet Explorer Version 11.0
Copyright(C) 2000-2016 Katsuya Uenishi - All Rights Reserved -


■Next Page